体験談|若くてモテるつもり、シャンクレール婚活パーティーに参加

シャンクレール-24歳

私は24歳の会社員で、専門商社で営業事務として働いています。

仕事の要領は悪くない方だと思いますが、自分が忙しくて手一杯でも、若手なこともあって、雑用やヘルプを押し付けられることが多いです。

嫌だけど断れずにキャパオーバーして、マネージャーに叱られることが時々あります。

基本デスクワークで、残業が特に多い訳でもないので、終業後には友達とご飯を食べに行く、最近始めたクライミングジム、買い物など、基本的には何か予定を入れていることが多いです。

何も予定がなければ退社後すぐに、ひとり暮らしのマンションへ帰宅し、簡単に夕食をすませて21時前には寝てしまいます。

私の見た目はさほど綺麗ではありませんが、大学入学以降、あまり途切れることもなく彼氏がいました。

軽い気持ちで付き合って、長続きしない

飲み会などのお誘いは基本的に断らず、合コンから会社の飲み会まで可能な限り参加していたので、出会いは多い方だと思います。

彼氏が途切れなかったのはそんな理由からかも知れません。

私自身、人見知りしない性格ですので、初対面から会話が弾んで、お互いに好感触な感じになります。

そして、何回かデートを重ねて、お付き合いすることになります。

言い方は悪いですが、ノリと勢いで付き合ってしまうせいか、後々になって、彼氏の欠点ばかり目に付いてしまい、なかなか長続きしないのが悩みです。

そんな中、高校時代の仲良しグループの1人が結婚することになりました。

結婚を決めた友人

私が入学した高校は自由な校風で制服も無く、まぁまぁの進学校です。

部活動も任意参加で、半数以上は帰宅部でした。

私は中学時代も所属していた吹奏楽部に入り、そこで出会った新入生同士で仲良くなり、いつも遊ぶ仲良し5人グループになりました。

結婚を決めたのは、その中の1人です。

彼女は、特別優秀な人(東大などの国立大学や医学部志望)を除くと、最上位の成績を取っていて、私立推薦入学枠をどこでも選べる立場でした。

すると、自宅から近いということと、金銭的に余裕が無いことから、奨学金が支給されるあまり有名ではない大学に進学しました。

初めて出席した結婚式

友人の結婚相手、友人の誰もが会ったことの無い人です。

それもそのはずで、合コンで知り合って3ヶ月、できちゃった結婚です。

三次会まで付き合った結婚式の帰り道、同じ方向に変える友人は1人だけでした。

酔っ払っていて、理由はよく覚えていないのですが、どうやら帰り道に婚活パーティーの話で盛り上がり、一緒に行くことになってしまいました。

決め手は参加費の安さ

参加する婚活パーティーは、友人が決めました。

まだ20代前半なので、高いお金を払って参加する気持ちはあまりなく、安ければいいなと思っていました。

その気持ちを察してくれたのか、友人が選んだパーティーは女性参加費500円、シャンクレールの婚活パーティーでした。

銀座カラー 脱毛キャンペーン

初めての婚活パーティー

婚活パーティーの参加費は1000円ですが、ネット割引が効いて実際に支払ったのは500円です。

当日、現地に着いたらエントリーカードを記入、受付では、免許証などで本人確認を行います。

最悪なことに、友人は風邪を引いて欠席になり、ひとりで参加です。

受付ではプロフィールカードと、番号入りの名札を受け取り、スタッフに促されて会場に入ります。

私が到着したのはパーティー開始10分前でしたが、すでにほとんどの参加者がそろっている印象です。

そして、皆さん緊張しながらも、控えめにキョロキョロしていて、周りの様子を探っているような雰囲気でした。

参加人数は30人くらいで、男女比はちょうど半々、気持ち男性が多いような気がします。

同年代(男性、女性とも22歳〜33歳)の婚活パーティーだったので、そこまで歳上に見える人はいません。

男性は30歳をちょっとすぎたくらい、女性は20代後半が多いように見えます。

男性側の職業はサービス業が最も多く、建設現場や工場などの出会いが少なそうな職場で働いている方も多いです。

全員が揃い着席したら、スタッフさんから婚活パーティーの進め方に関して説明がありました。

まずは、自己紹介タイムが始まります。男性1人1人と、約1分ずつお話をしていきます。

ここでは正直全員の顔と名前を覚えることは難しかったので、一生懸命メモしつつ、相手の特徴を探しました。

自己紹介タイムが終わると、第一印象の投票を行います。

投票方法は、自分のカードに第一印象が良かった男性の番号にチェック、スタッフさんに渡します。

後ほど、そのカードに、自分のことを気に入ってくれている男性の番号に、カラーでチェックを入れて返却されますので、誰が私のことを気に入っているのか知ることができます。

私は3人の男性の番号を記入しました。

その後のフリータイムでは、第一印象で投票した気になっている男性と最初に話すことができました。

フリータイムが進み、少し余裕が出てきたので、少し周りを見回してみると、複数の男性と女性1人で話しているグループ、その逆パターンのグループもいました。

他には、女性同士でばかり話してスタッフさんに励まされる人、壁に張り付いて誰とも話していない女性もいました。

フリータイムでは、結果的に4人の男性とお話をしましたが、全部あわせても、時間にすると20分くらいだったと思います。

話した内容は、仕事の話、休日の過ごし方など、時間が限られていることもあり、無難なことしか話せませんでした。

気になる男性にはちょっとがっついてしまい、好きなタイプや過去の恋愛事情など聞くことができました。

フリータイムが終わると、気に入った男性の番号をカードに記入して、最終投票を行います。

カードをスタッフが回収して、集計作業を行います。ここで双方が投票していると、カップリング成功となります。

この間、10分くらいでしょうか?めちゃくちゃ緊張して、ドキドキします。

私は運よく、第一希望の男性とカップリング成功しました。

カップリング成功した男性とは、婚活パーティー終了後に連絡先を交換して、そのまま食事に行きました。

婚活パーティーのスタッフさんは2人、司会進行と、パーティー運営に役割分担しているようでした。

どちらもかわいらしい感じの女性で愛想も良かったので、少し緊張がほぐれて良かったです。

銀座カラー 脱毛キャンペーン

まとめ

今回、婚活パーティーに初めて参加しました。

婚活パーティーでは、自己紹介タイムとフリータイム合わせて、せいぜい数十分しかお話をする時間がありません。

短い時間の中でどれだけ相手のことを知って、どれだけ自分のことを知ってもらうのかが、カップリング成功のカギだと思いました。

そして、カップリング成功のために、何より私が一番大切だと思ったのは、メモを取ることです。

今回のように、15人の男性の名前や特徴などを覚えるのはとても難しく、メモした分だけフリータイムで気に入った男性と弾んだ話ができるように感じました。

結果的にはカップリング成功、それから数回のデートを重ねて交際に至りました。

結婚するかと聞かれれば、それは今後次第だと思います。

ただ、「結婚相手はこの人でもいいかな」位の気持ちにはなっています。

最後にのろけてすみません。

シャンクレールの婚活パーティーの魅力は、何より女性参加費用が非常に安いところです。

特に婚活パーティーに参加したことはないけれど、お金を掛けずに一度参加してみたい、興味ある方ははシャンクレール婚活パーティーはお薦めです。

詳しくは、シャンクレール公式サイトをご覧ください。

公式サイト:婚活パーティー、お見合いパーティーで婚活ならシャンクレール

また、あいちんが参加したシャンクレールの婚活パーティー体験談は、別記事でご紹介しています。

1回目:婚活パーティーシャンクレール①|ハーレム気分を満喫、満足しました

2回目:婚活パーティーシャンクレール②|狙い通り年上男性にモテモテ

3回目:シャンクレール婚活パーティー③|進行グダグダだけど結果は良かった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です