ブライダル ネット|お薦めの検索方法と順番、無料でおためし検索も

ブライダルネット-検索

こんにちは、あいちんです。

ブライダルネットのプロフィール検索で、お薦めの方法に関してご案内いたします。

ブライダルネットでは、一般的な恋活・婚活サイトと同様に、基本情報を検索して、お相手候補を探していきます。

ただ、その基本情報の項目数が非常に多く、どのような設定で検索をしたら良いか、良く分からないと思います。

今回は、そんな皆さんに向けて、ブライダルネットでお薦めの検索方法をご案内いたします。

1.ブライダルネット|おためし無料検索

この記事をご覧の皆さんが、ブライダルネットの会員ではない場合、以下のリンクにアクセスすることで、会員検索を体験することができます。

公式サイト:ブライダルネット おためし検索

また、ブライダルネットに入会するか悩んでいる方は、おためし検索を体験されることをお薦めします。

おためし検索の結果、表示される顔写真は、個人が特定されないように加工されています。

しかしながら、サイトの雰囲気や、会員の基本情報などは、十分にチェックすることができます。

また、地方在住の方は、下記のリンク先から自分の都道府県を選んでみてください。

公式サイト:ブライダルネット 都道府県別会員紹介

こちらでは、特定の都道府県在住の男性会員、女性会員それぞれの人数が表示されます。

ブライダルネット入会前には、比較的近い地域のお相手候補の人数を確認しておきましょう。

地方在住者は、どうしても婚活で不利になりがちです。

ここで、あらかじめお相手候補になる人数を確認することで、後々「こんなはずじゃなかった」、「男性会員が少ない」といった不満の発生を防止できると思います。

2.ブライダルネット|プロフィール(基本情報)検索

ブライダルネットの会員になると、お相手に希望する基本情報を入力、検索してお相手候補を探していきます。

2-1.ブライダルネットの基本情報

基本情報の設定項目は非常に多く、必須、任意含めて18項目あります。

以前は31項目ありましたが、あまり使われていない項目を削ったのだと思います、

それでもまだまだ多い印象です

入力必須となっている基本情報は以下になります。

  • 出身地(都道府県)
  • 身長(全体公開・非公開)
  • 体型
  • 血液型
  • 業種(職業の業界)
  • 職種(仕事内容)
  • 最終学歴
  • 休日
  • 婚姻歴
  • 子供の有無
  • お酒
  • 喫煙
  • 自己紹介

こちら以外に任意項目があり、合計18項目あるとご理解ください。

2-2.お薦めの検索項目

女性が男性を探す場合、以下の項目で検索することをお薦めいたします。

  • 年齢
  • 住まい
  • 写真掲載
  • 年収
  • 喫煙
  • 休日
ひとつずつ、掘り下げていきますが、検索ボタンのすぐ上に、「検索条件を保存する」のチェックボックスがあります。

あせって検索する前に、こちらにチェックを入れることをお薦めいたします。

こちらがチェックされていると、検索条件が保存され、次回プロフィール検索するときの手間が省けます。

検索条件が保存された状態ですと、「前回保存した条件で検索」ボタンをクリックするだけで、

プロフィール検索結果が表示されます。

年齢

あなたがアラサーで子供を望むなら、年上過ぎる方は結婚相手としてはふさわしくありません。

2歳下から6歳上くらいまでで設定することをお薦めします。

年上の男性は、確かに現在の収入は高いかもしれません。

でも、かなり年上の男性を選ぶと、結婚後に稼げる(働ける)期間が少なくなり、結果として教育費に不安が残ります。

住まい

遠距離恋愛経験者なら良く分かると思いますが、住まいの距離は会える頻度に直結します。

ちょっとした行き違いで喧嘩になったとして、近くに住んでいれば、お互いに顔を合わせて気持ちを落ち着かせることができます。

でも、遠方に住んでいると、LINEでのメッセージはエスカレートし、電話が鳴っても出ないといった状態に陥りやすいです。

ですので、できれば同じ都道府県か、近隣にとどめた方がよいと思います。

写真掲載

女性の場合、仕事の都合で顔写真を出せない方もいると思います。

具体的には、ショールームや店舗スタッフ、客室乗務員、受付担当などです。

会社の指示の元、会社の顔として接客する方の場合、顔写真を公開することは余計なトラブルにつながる可能性があり、顔写真を掲載していないケースもあります。

ところが、男性の場合は、同様の制約を受けるケースが少ないです。

そのため、顔写真を掲載してない方は避けた方が無難です。

ただ、あいちんの経験で言うと、超イケメンであえて顔写真を出していない方がいました。

顔写真だけを見て、申込みする方が多く、東京在住なのに、沖縄からの申込みも頻繁にありました。

そのため、そのイケメン男性は、顔写真を掲載しないで活動しています。

イケメン狙いの方は、顔写真のない男性は狙いどころかも知れません。

年収

やっぱりお相手の年収は気になりますよね。

最初は希望の年収で検索してみましょう。

当たり前ですが、年収が高いほど、競争が激しくなります。

その後のマッチング(メッセージ交換の申込みを了承してもらう)状況によって、条件を多少見直すことをお薦めします。

喫煙

あいちんは非喫煙者です。

そのため、喫煙者は喫煙者同士でマッチングして欲しいと思っていますし、喫煙者からの申込みはすべてお断りしています。

最近の喫煙可能スペースの減少によりタバコの匂いを嗅ぐのは居酒屋くらいになりました。

また、居酒屋でも魚や日本酒にこだわったお店ですと、席での喫煙は不可、喫煙スペースが用意されていることも多いです。

そのため、非喫煙者は従来よりもタバコの匂いに敏感になっています。

あいちんは喫煙者と同居は考えられません。

非喫煙者の方は、喫煙者を対象外にすること、喫煙者の方は喫煙者に絞って申し込みすることをお薦めいたします。

休日

土日と祝日が休みの方は、ちょっと有利になりますね。

土日休み同士であれば、毎週末にデートが可能です。

しかしながら、シフト勤務同士ですと、2週間に1日程度しか休みが合わないかも知れません。

そのため、土日休みの方は同じ土日休みを選ぶことをお薦めいたします。

2-3.外国人と出会いたい場合

【出身地が海外】基本情報検索

基本情報検索の際に、「出身地・住まい」で”海外”を指定して検索します。

「居住地を日本(都道府県)、出身地を海外」にすれば、日本在住の外国人会員を絞り込めます。

注意
上記の条件では、帰国子女で出身地が海外(海外で生まれた)も含まれますし、見た目日本人で、国籍と言語が外国語の場合もあります。

【出身国、血縁】キーワード検索

キーワード検索は、自己紹介(プロフィール)から検索できる機能で、自己紹介(プロフィール)に書かれている内容をピンポイントで検索可能です。

「国名」や、「ハーフ」といったキーワードで検索をかけることで、希望の外国人を探しやすくなります。

「こんな人」という理想像が固まっている方に、お薦めの検索機能になります。

3.まとめと順番(検索順位)を上げるコツ

いかがだったでしょうか?

今回は、プロフィール(基本情報)の検索で、どのような検索項目を設定すれば良いかに関して、ご案内させていただきました。

また、ブライダルネットでは、検索の結果、表示されるお相手候補のログイン履歴が、下記の4種類存在します。

  • 24時間以内
  • 3日以内
  • 1週間以内
  • 1週間以上

ネットでは、ログイン順に検索結果が表示されるという記事が散見されます。

誰もが、ご自身のプロフィールが上位に表示されたらうれしいですよね?

上位表示されれば、たくさんのお相手候補の目に触れることになります。

でも、実際に検索してみると、ログイン履歴「24時間以内」の中に、3日以内のログイン履歴の方が挟み込まれています。

この検査結果の順位表示、どのようなロジックになっているか、ブライダルネットは公開していません。

ですので、ログイン履歴と、検索結果上位表示の関連性は不明です。

ただ、3日以内のログイン履歴の方よりも、24時間以内にログインしている方のほうが好印象なのは間違いないです。

仮に、3日以内のログイン履歴の方にメッセージ交換を申込む場合、返事がくるのは1日~3日後ということになります。

プロフィールが抜群に魅力的であれば良いのですが、同じような印象の方が複数いる場合も想定されます。

あいちんは、ご自身が選ばれる(申込まれる)可能性を上げるため、1日1回のログインをお薦めします。

そうすれば、あなたには24時間以内のログイン履歴が残りますので、ライバルより不利になることはありません。

結婚相談所や婚活パーティーはまだ早いけど、婚活をがんばりたいと思う方たちにブライダルネットは最適です。

プロフィールであなたの魅力の魅力を伝え、上から目線ではなく、メッセージを丁寧返信すれば、きっと素敵な出会いに巡り合えるはずです。

ブライダルネットに興味がある方は、公式サイトで詳細情報ご確認いただければと思います。

公式サイト:ブライダルネット

次の記事へ>>>ブライダルネット|会員登録(入会)から結婚までの流れまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です