婚活コラム|婚活で出会ったお相手のプロフィール、本当でしょうか?

婚活身辺調査

こんにちは、あいちんです。

婚活で良いお相手が見つかると、明るい未来を想像して、頭の中がちょっとお花畑になってしまうものです。

でも、結婚を決める前に、ちょっと気をつけて欲しいと思うことがあります。



それは、その出会いが婚活・恋活アプリや婚活サイト、婚活パーティーなどであった場合、その男性のプロフィールが本当かどうかの保証が無いということです。

あいちんも婚活パーティーで出会った男性に、プロフィールで嘘をつかれた経験がありますが、ものすごく嫌な気分になりました。

今回は、結婚相手の身辺調査を行っている業者の方とたまたま知り合う機会があり、根掘り葉掘り聞いてきましたので、その内容をご案内できればと思います。

結婚相手の身辺調査業者の方と知り合った経緯

先日、勉強がてらマーケティング系の展示会に参加した際に、製品の競合調査をするサービス業者の話を聞きました。

話が終わりに近づいたころ、いただいたパンフレットを眺めながら確認もれが無いか確認していたところ、「結婚相手の素行調査(婚活の身辺調査)」サービスを見つけました。

サービスの内容に関しては、既婚の方は、お相手の素行調査(浮気しているか)を、未婚の方は、結婚する相手の状況を調査するというものです。

最近、婚活している方からの依頼が増えているそうで、「これはブログネタになる」と思い詳しい話を聞きました。

婚活で出会ったばかりの交際相手を調査してほしい

交際相手を調べる理由

最近、婚活パーティーや婚活サイトで出会ったばかりの男性を調査してほしいという依頼が増えています。

学生時代からのお付き合いであれば、勤務先、年収などある程度把握できると思います。

でも、婚活パーティーや婚活サイトなどで、つい最近知り合った交際相手の場合、住所や実家、過去から現在の職業、恋愛遍歴などは提示された情報を信じるしかありません。

また、婚活パーティーや、婚活サイトでは、男性女性問わず、より良い出会いを求めて、印象の悪い情報を隠してしまう、無意識のうちに過去をなかったことにしてしまっているケースもあります。

面倒なのは、事実を意図的に隠し、ねつ造した情報を何度も話している内に、嘘をついている側にその情報が真実であるような錯覚を与えてしまうことです。

皆さんも経験されていると思いますが、一度でも交際相手に不信感を持ってしまうと、その不信感を生んだ事柄に関して、事実を確認しない限り、いつまでたっても相手を信用できない状態になります。

でも、個人でできることはたかが知れていますので、交際相手を調べるためには、調査会社に頼ることになります、

調査結果によっては、現在の交際相手との関係を終了させることもあると思います。でも、時間が限られた婚活だからこそ、早いうちに白黒つけたいと考える人が多い訳です。



依頼し、お金を払うのは両親

お子さんが結婚適齢期を過ぎてやきもきしていた頃、結婚を前提にお付き合いしているお相手を紹介された場合、これでやっと安心できるとホッと胸をなでおろす場面です。

ただ、お子さんが大好きなお相手、両親にとっては初対面です。

見た目や話の内容からお相手の信用度を図るしかありませんが、そこで語られる情報と、事実が同じ保証はありません。

どこで生まれ?どのような生活環境で成長した?性格は?交友関係は?普段の仕事ぶりは?大事なお子さんの結婚相手ですから、両親の心配は尽きません。

また、結婚となれば、家族ぐるみのお付き合いになりますので、お相手の家族状況も気になります。

そんなご両親が、お子さんに内緒で「婚活相手の身辺調査」を利用することが多いです。

事実を隠し、ねつ造する内容例

あいちんが話を聞いて驚いたのは、女性が過去の交際について事実を隠しているケースが非常に多いということです。

言い換えると、女性側が男性を調査するニーズは少なく、男性側が女性を調査するニーズがより大きいということになります。

男性が偽る内容

男性が隠すのは、女性が結婚相手を選ぶ際に重要視するポイントです。つまりは年収、勤務先、職歴です。

女性は、子供を妊娠、出産する際、一定期間収入が下がります。そのため、結婚する相手にはある程度の収入を得ていて欲しいという希望を持っています。

後ほどご紹介する女性と対比するため、男性が恋愛遍歴を隠すことは少ないことに触れておきます。

女性が偽る内容

女性が隠すのは、過去の恋愛遍歴です。

男性の潜在的な要求では、純粋で穢れのない女性を求めます。また、婚活をしている男性の大きな動機は、子供が欲しいということです。

そんな男性に好まれたいと思う女性心理が、嘘をつかせてしまうのだと思います。

堕胎歴があった場合など、体にダメージが残り不妊の理由になる可能性もあります。婚活で子供を望む男性から敬遠されることは間違いありません。

このほかにも、離婚歴、不適切な交際相手の存在の可能性もあります。

最もきつい調査結果

あいちんは野次馬根性全開で、今までで一番きつい調査結果に関して聞いてみました。

男性が偽った例

結婚して子供が2人いながら、他に2人の女性をお付き合いしている、しかもその出会いは婚活サイトだった36歳の男性です。

38歳の婚活女性とは、箱根の温泉旅館へ一泊旅行にも出かけていました。

資金は、会社のサンプル商品を持ち出し、オークションサイトで販売した代金を使っていました。

調査を依頼したのは38歳の婚活女性の両親です。

最近お付き合いしている人がいると娘から情報を聞き、娘さんに内緒で調査を依頼したそうです。

女性が偽った例

性に奔放な34歳の女性で、SNSで出会った男性と肉体関係を持っていました。

1週間の調査の間に3人の男性を自宅に招いていましたし、性風俗産業に従事もしていました。

また、ご両親は元々外国籍で、日本国籍への変更を行っていました。

調査を依頼したのは、24歳の男性です。

SNSで出会い、初めて親密な関係になった彼女と結婚したいと考えましたが、他に男の影がちらつくことから、調査を依頼してきました。

最終的に何人の男性と並行して肉体関係を持っていたかは不明です。



婚活身辺調査で依頼されるポイント

婚活身辺調査で依頼される内容は、借金、異性関係、収入(借金)だけではありません。

過去、依頼されたニーズの高いポイントに関してご案内いたします。また、この内容はお相手だけではなく、お相手の両親も調査対象となります。

  • 国籍(両親が帰化、本人が知らないケースあり)
  • 婚姻歴(現在婚姻関係があるか?)
  • 借金の有無
  • ギャンブル癖
  • 年収
  • 異性(性的)関係
  • 近親者に障碍者の有無
  • 近親者に精神を患っている人の有無
  • 宗教
  • 仕事
  • 特殊な性癖
  • 学歴
  • 将来両親同居の可能性
  • 風俗産業従事
  • 被差別部落出身
  • 犯罪歴
  • 自己破産の有無
  • 氏名変更(何かを隠すために、養子縁組で名字を変える)

婚活の身辺調査の必要性まとめ

婚活サイトや婚活パーティーの出会いは手軽ですし、年収???万円の男性のはずですが、その情報を運営業者は確認していません。

手軽なところでは、facebookで検索する、働いているはずの会社近くで待ち合わせするといったところでしょうか?

正直なところ、あいちんが調査されたら良い気はしないけれど、一生のことだからお互い様だと思います。

それを過剰に嫌がったりすると、何か隠しているのかな?と、気になってしまいます。

それにはもちろん理由があって、20代前半の頃、職場の先輩が身辺調査の話をしていて、相手を信じないなんてとドン引きしました。でも、年齢を重ね、世の中が分かってくると、婚活の身辺調査は必要な事かなと思います。

あいちんが高校生の頃、お向かいの家(ビルオーナーで結構お金持ち)の娘さんがお見合い結婚するらしく、お相手が雇った探偵が身辺調査にやってきました。

あいちんが話を聞かれたのですが、「素敵な優しいお姉さんです」とお答えしました。

実際に、ピアノと歌が上手で、時々お茶に招待してくれる素敵な方でした。

婚活で出会い、結婚を考えているなら、知りたいことはお相手に聞きましょう。

普通の人なら、聞かれたら答えますし、やましいことが無ければ好きなお相手にはなんでも話すと思います。

出来れば、自分の事を話してから、お相手のことも聞く方が、お互いにフェアでしこりが残らないかと思います。

お相手が素敵であればあるほど、結婚を見え据えることが出来るお相手に、少しでも気になること、悩むことがあれば、婚活身辺調査をお薦めしたいです。

結婚した後では、簡単に後戻りできないし、何か問題があることを知って後悔しても遅いです。

ひと昔前なら仲人さんが居る、紹介してくれるお相手もご近所さんが多かったから、素性も簡単に知ることが出来ましました。

でも、現在はそういう時代ではないですし、後々のことを考えて、お相手のことをきちんと知るのは大事なことだと思います。

あいちんの親戚に、お相手のご家族の様子が不審で、身辺調査してもらったところ、問題が多数見つかって、婚約破棄になった人がいます。

結婚していない婚約段階でも、いざ別れるとなると大変だったみたいです。最終的に裁判になり、少なくない和解金を支払って、やっと正式に婚約破棄できました。

最後に一つだけご案内です。

身辺調査を行えば、ほぼ確実にお相手にバレると思ってください。

それでも、身辺調査をやる価値はあると思います。あらかじめ、お相手に身辺調査をすることを伝え、両親の希望で仕方がなく、と伝えてください。

それでも過剰に反発するようなら、それはもうご縁がなかったということです。



婚活の身辺調査を依頼するときの注意事項

クーリングオフ(キャンセル)の対象外

クーリングオフとは、「一定期間内であれば無条件で契約を解除することができる制度」のことです。また、「訪問販売や電話勧誘販売など」で販売されたケースになります。

婚活の身辺調査では、調査を依頼する場合に調査してくれる業者の事務所で打ち合わせることが一般的ですので、クーリングオフの対象となりません。

また、誤解を生みそうですので補足しますと、依頼主側から面談場所を喫茶店などに指定した場合もクーリングオフの対象外となります。

そのため、申し込み前には、あらゆる情報を確認して、複数の業者から説明を受け、納得してから申し込みお願いいたします。

料金

1人/日あたり??円(1人/1時間あたり??円という場合もあります。)という、基本的な料金設定もありますし、長期間(5日)などをパックにして割引料金制度もあります。

また、成功報酬型の料金もあります。

このあたりの料金設定は業者毎に異なりますので、直接説明を受けてご確認ください。

業者訪問前に行うべきこと

何を調査すべきか絞ることをお薦めいたします。

調べる項目が多ければ多いほど、費用が増えていきます。本当に調べるべき項目をあらかじめ特定しておくことで、費用を抑えることもできます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

婚活で出会ったお相手、言っていることを本当に信頼できるかと聞かれたら、ちょっと躊躇してしまうと思います。

あいちんのお薦めの業者は「原一探偵事務所」です。テレビ番組で見かけることも多いので、ご存知の方も多いかもしれませんが、日本一有名な探偵事務所だといっていいでしょう。

WEBを見ると、調査実績44年、解決実績110,000件以上と記載があります。

44年とはかなりの歴史があるのですね。あいちんは「原一探偵事務所」の職員さんと直接会話する機会があり、非常に丁寧にご説明いただけました。

実際にあいちんが、婚活の身辺調査を依頼したわけではないので、実際の費用や、調査内容、調査結果がどのように提示されるかに関しては分かりません。

あいちんは最終的に結婚相談所から紹介されたお相手と結婚しましたので、婚活身辺調査までは必要ないと考えましたが、ひとつだけ旦那様と一緒に調査しました。こちらは今回の記事とは直接関係がないので、最下段で軽くご紹介しております。

ただ、婚活の身辺調査で、一般的にかかる費用は30万円~50万円であるとはお聞きしています。

日本最大級の探偵事務所だけあって、調査員の数や支社の数は他の業者を圧倒しています。

料金は平均よりはやや高めだと思います。探せばもっと安い探偵事務所もありますが、安心感という点では、最大手にはかないません。

頼む、頼まないは別として、候補の業者として話を聞くことをお薦めします。

初回の問い合わせ方法は電話かメールで可能です。メールで調査して欲しいポイント伝え、細かい内容は電話で確認することをお薦めいたします。

メールでやり取りするにはセンシティブ(敏感、感じやすい、繊細な、傷つきやすいなどの意味)な話題ですので、すべてをメールに書き記すことは難しいと思います。

ご興味がありましたら、一度公式サイトをご覧になってみてはいかがでしょうか?

公式サイト:24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】



補足

今回、婚活の身辺調査を記事にまとめました。

婚活サイトや、婚活パーティーで出会ったお相手の素性は、お相手本人にしか聞けませんが、それが正しいか確認することが出来ないのです。

以前、IBJが運営する結婚相談所、「IBJメンバーズ」へ取材に行った際、社員さんから結婚相談所は「良くできたシステム」との発言がありましたがその通りかもしれません。

年収や勤務先、独身であるかなどの基本的な情報は、入会時にIBJメンバーズにてチェックされています。

IBJメンバーズへの取材の詳細に関しては、「活動1年以内、高い成婚率の理由を取材してきました」にてご紹介しています。

このほかにも、婚活で出会ったお相手との話を薦めるのであれば、ブライダル調査をお薦めいたします。

あいちんは、現在の旦那様と結婚相談所の紹介で知り合い、婚約前にブライダル調査しました。あいちんの場合、旦那様も同じ気持ちだったようで、一緒に検査をして、無事(?)に問題ないとの結果が出て、婚約となりました。

ブライダル調査は後日ご案内させていただきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です