婚活コラム|結婚して家庭を持つことと、就職活動が同じ感覚

婚活-結婚-就職活動

こんにちは、あいちんです。

マイルドヤンキーという言葉、覚えてますでしょうか?

東京 結婚相談所なら

2014年のユーキャン新語・流行語対照の候補にも選ばれました。

STAMP細胞とちょうど同じ年ですね。

最近まで会社に来てくださっていた派遣さんが、結婚を機に契約を終了されました。

彼女は24歳と非常に若いうちに結婚を決めたのですが、彼女とマイルドヤンキーの考え方に似通ったところがあるなぁと思っていました。

彼女が婚約したお相手は、青いメガバンク(バレバレですね)の行員です。

婚活中のアラサー女子から見ると、負け惜しみを言いたくなるところです。

とはいえ、彼女が低学歴で、マイルドヤンキーかというと、そうではありません。

地方のあまり有名ではない大学を卒業し、東京に出てきて派遣社員として2年ほど働いておりました。

今回、マイルドヤンキーと彼女(書きづらいので、以降は恵美ちゃん(仮名)と記載します)の結婚観の類似性、婚活状況に関して、ご案内させていただければと思います。

マイルドヤンキーとは?

ヤンキーという言葉でイメージされる、ひと昔前のやんちゃなイメージとは異なります。

外見にはヤンキーの雰囲気が残ってはいるものの、中身はとてもマイルドになった若者たちが、マイルドヤンキーと呼ばれます。

バイクや車のカスタマイズはするけれど、ヘルメットはきちんとかぶり交通ルールはしっかり守ります。

一説には、若者の約15%近くがマイルドヤンキーに該当するといわれ、現代の若者の中で一定比率を占めています。

わかりやすい例はEXILEでしょうか?

一見、コワモテですが、紳士的で、話にユーモアもあります。

マイルドヤンキーはとにかく地元好き

一般的には、マイルドヤンキーは大都市よりもやや郊外や地方に多くいるといわれています。

マイルドヤンキーの最も大きな特徴が、とにかく地元を愛しているということ、基本的に地元だけで暮らしています。

人によっては、自宅から半径5キロメートル圏内に、勤務先と日常的に買い物をするショッピングモールがあり、特別な外出をしない限りはこの範囲内だけで生活しています。

更に、何歳になっても中学時代の友達と交流を続けることも多く、自分の身近な環境や人々を、愛しているというのが最大の特徴です。

学歴と収入は?

残念ながら、マイルドヤンキーに該当する人の特徴としては、低学歴、低所得者が比較的多いといわれています。

自分の稼ぎに比べて、消費する金額が多い傾向があり、消費意欲が高いというのもマイルドヤンキーの特徴です。

マイルドヤンキーの結婚観

マイルドヤンキーの典型的な行動として言われるのが、日本全体の傾向である少子高齢化社会に逆行する、早婚と若い時期の出産です。

早婚の理由

過去には、地方には娯楽がないからと揶揄されることが多かった早婚、若い時期の出産ですが、大型ショッピングモールが地方にも整備されており、現在では当てはまらない理由です。

先ほど、マイルドヤンキーの傾向として、地元で生活している、低学歴、低所得者が比較的多いと書きました。

残念ながら、現在の日本では東京の一極集中が加速しています。

となりますと、高い収入を得るには東京に出て働くしかない訳です。

マイルドヤンキーは、ひとりひとりの収入は少ないですが、結婚か同棲した段階で、収入が倍になるという考えを持っています。

現在のマイルドヤンキーの結婚が早い理由の大半は、経済的理由です。

銀座カラー 脱毛キャンペーン

若い時期の出産の理由

育った地元で暮らし、比較的近隣に住む相手と結婚するとなると、限られたエリアで良い男性の奪い合いが起こると考えてしまいがちです。

しかしながら、それよりも女性同士の横のつながり、同世代の友達同士で子育てしようと考えていることが特徴的です。

同世代の友達同士で、同じ位の年齢の子供がいたとしたら、育児の悩みも共有できますし、ちょっと困ったことがあったら協力を募ることも出来ます。

細かいところでは、育児に必要なベビー服、ベビーベッド、ベビーカー、チャイルドシートなども、その仲間内で融通しあうことも出来ます。

また、若くして出産する場合、両親も若く元気であることが予想されますので、育児に関して両親の協力も得やすいでしょう。

そのため、出産後の職場復帰もスムーズになります。

低収入であるにもかかわらず、若い時期に出産することで、育児にお金がかからない環境が、マイルドヤンキー達にはあります。

マイルドヤンキーの結婚観まとめ

マイルドヤンキーの結婚観は、日本の経済状況から自分達を守る防衛策に満ちています。

結婚で世帯収入を増やし、出産したらすぐに職場復帰、地元の友人や両親と協力しながら子育てコストを抑える。

これは不確かな将来に向けての防衛本能といえるかもしれません。

一見、刹那的な生活をしていると思われるマイルドヤンキーですが、非常に堅実な生き方を選択しています。

恵美ちゃんの結婚観

恵美ちゃんが婚約するまで

恵美ちゃんは地方の大学を卒業して、すぐに上京、選んだ仕事は派遣社員でした。

地方にも仕事はそれなりにあるのですが、地元でエリートとされる、県庁職員や市役所職員、学校の先生との結婚が想像できず、

また、中学校時代にいじめを受けたことから、地元で暮らすことに前向きになれなかったようです。

派遣社員を選んだ理由、これまた明確でした。

正社員では入れないような会社で働けるのが、派遣社員のメリットと言い切ります。

また、25歳までには絶対結婚すると決めて、22歳で上京しました。

初めて派遣されたのが丸の内の保険会社で、派遣されている期間、週に3回は合コンするなど、出会いの機会を求めた結果、メガバンクの男性と婚約に至っています。

恵美ちゃんは、これといった仕事が出来るわけではありませんが、どんなにつまらない雑用も、うれしそうに仕事を引き受けてくれます。

あいちんの下で働いてくれた期間はわずか半年でしたが、男性女性問わず人気があり、職場のアイドル的な存在でした。

恵美ちゃんの思考

一般的なアラサー女性であれば、大学を卒業するタイミングで、就職活動をがんばったと思います。

恵美ちゃんのように20代で結婚する人の大半は、結婚して家庭を持つことと、就職することが同じ感覚です

期限が決まって(恵美ちゃんは25歳)いて、その中で一番良い人と思う人と結婚します。

就職活動で優良企業には入れない場合、その他の企業へ就職するのと同じ感覚で、本当に好きな人がいなくても結婚していきます

そこには、いくら待っていても本当に好きな人が現れないかも知れない、または、現れても自分を好きになってくれるかわからないという、打算的な判断が入っていると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

地元に残るマイルドヤンキー、地元を出た恵美ちゃん、多少の違いはありますが、どちらも早期の結婚を求めています。

恵美ちゃんは、婚活アラサー女性から見たら勝ち組です。

これから転居を伴う転勤も頻繁とは思いますが、専業主婦となり、旦那様の稼ぎで暮らしていくことになります。

過ぎ去った時を嘆いても、勝ち組をうらやましがっても仕方ありません。

真剣に婚活しているアラサー女性には納得できないかもしれないけれど、本当に好きな人が現れない可能性も考えて、婚活する必要があるかもしれません。

婚活可能な時間、お金も限られる中、それはひとつの妥協点だと思います。

結婚相談所の担当者が言う、「条件を下げられませんか?」という発言の意図は、「本当に好きな人が現れない可能性もありますよ」ということを、マイルドに伝えているだけではないか?と考えています。

あいちんがお薦めする結婚相談所は婚活ラウンジ「IBJメンバーズ」です。以前、無料カウンセリングに訪問した際の内容は「無料カウンセリング、サービス内容と価格に納得」にまとめています。

東京 結婚相談所なら

また、結婚が決まったアラサー女性には、マイルドヤンキーの生き方が参考になると思います。

専業主婦でなく、共働き前提で考える。

育児コストを下げるために、どちらかの実家近くに住むことは参考になると思います。

皆さんの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です