婚活コラム|アラサーが合コンで結婚できる?効率が悪い3つの理由

婚活を合コンで-30代女性

こんにちは、あいちんです。

婚活の手段として考えた場合、合コンは効率が悪いです。

party★party

ここで言っている「合コン」は、いわゆる普通の合コンを指しています。

小難しく書くと、男性女性、最低限一人ずつの知り合いがいて、彼らが幹事になり、同数の男女を引き合わせる飲み会です。

業者が運営する「合コン」という名のイベントは、参加してくる男性女性共に、恋人か結婚相手を求めているため、この記事でご紹介する「効率が悪い」に当てはまりません

この記事をまとめようと思った理由は、あいちんの旦那様の「ねこーる」が、突然合コンに参加してくると言い出したことからです。

関連記事>>>婚活始めて1年弱で結婚できた男性の話、結婚相談所では写真が大事

ブチ切れそうな気持を抑えて、「結婚しているのに合コン行く気?」と聞いたところ、「ねこーる」の勤務先では、取引先との懇親会や接待で、素敵な女性が相手側にいる場合、「既婚者合コン」と呼んでいるようです。

このように男性は、合コンを軽い気持ちで捉えています

では、婚活女性はどうでしょうか?

それなりに気合が入ったメイクと、お洋服で登場すると思います。

そこに大きなギャップがあります。

先に結論をお伝えします。

効率が悪い3つの理由は、以下になります。

  1. 男性を選ぶ条件のハードルだけやたら上がってしまう。
  2. 時間とお金がかかる。
  3. 男性は結婚相手との出会いを合コンに求めていない。
また、「合コン」は、効率が悪いだけではなく、婚活に前向きな気持ちもポッキリ折る可能性があります

1.婚活目的での合コン、効率が悪い理由

現在のアラサー~アラフォー世代の女性は、若い時期に数多くの合コンを経験していると思います。

当然、合コンで彼氏が見つかった人もいるでしょう。

また、合コンで知り合ったカップルが、結婚に至った例も一組や二組では済まないはずです。

結婚式で出会いのきっかけを紹介する際に、「共通の友人の紹介で出会いました」は、ほぼ100%合コンと思って良いと思います

そうすると、「婚活しよう」と思うと、身近な成功事例を真似るため、まずは合コンを選択すると思います。

でも、合コンを婚活の手段として考えると、非常に効率が悪いのです

1-1.男性を見る目がどんどん厳しくなっていく

合コン参加前のチェック

あいちんが20代前半で合コンに参加していたころ、イケメンがいるかどうかが最重要でした。また、冬が近づけばスノーボードが上手いかどうかも気になります。

ところが、30代になり、婚活目的の合コンになると、何より年収が気になります

そこで、合コン参加を決める前に、勤務先と職種をあらかじめ確認します。名前を知っている有名企業でも、平均年収が低いことはよくあります。そのため、事前に会社名を聞き、ネットで平均年収をチェックして、合コンのお誘いを受けるか決めている訳です。

また、有名企業勤務で年収が合格点となっても、理系の男性だと「話がつまらなそう」と決めつけて、参加することはありません。

これらの事前チェックをクリアしてから、合コンに参加します。

合コン終了後の反省会

イマイチ盛り上がらない合コンが終了後すると、女性だけで反省会をすると思います。

たいてい、「なんか微妙だった」、「ありえなくない?」と悪口で盛り上がります。「あの人ちょっと良かったな・・」と思っていても、他の女性の評判がよくないこともあります。

そして、「あたしもダメだと思うな~」と、同調圧力で話を合わせてしまいます。

その時は、その場限りと思って話を合わせていても、人間は自分で言ったことや、行動に縛られてしまう特性があります。ですので、周りに合わせて悪口を言ってしまう時点で、好印象だった男性は、悪口で上書きされることになる訳です。

1-2.「良かった」合コンの割合と、投資対効果

反省会が行われない合コン、みんなが率先して二次会に参加する楽しい合コンは、大体1割~2割くらいでしょう。

仮に10回の合コン参加で、男性と1回デートできる場合を想定します。

週に1回のペースで合コンした場合、新たな男性とデートできる機会は、3ヶ月に1回程度しかきたいできません。

また、合コン1回あたり約5,000円かかり、半分はリッチな男性負担として、金銭の消費は合計25,000円です。

時間の消費は、移動時間と念入りメイクも含めると1回あたり3時間、合計30時間です。

また、合コン参加で疲労がたまる点、睡眠時間も減る点も見逃せません。見知らぬ男性とコミュニケーションを取るエネルギーも必要です。

まとめると、3ヶ月に1回、1人の男性とデートするために、25,000円をかけ、30時間浪費する必要があります。

また、精神的、肉体的な疲労も加わります。

やっぱり、婚活目的の合コンは効率的とは思えません。

2.合コンに参加する男性と女性の気持ちのギャップ

冒頭書いた通り、男性にとっての合コンは、「とりあえず友達になれればいい」くらいの動機で参加しています。

彼女を見つけることが理想ですが、新たな出会いから、次の合コンが組めれば位に思っています。

ですので、連絡先交換に必死になることはなく、交換したからと言って、必ず連絡する訳ではありません

逆にいうと、男性から連絡してきた場合、将来の彼女候補と考えているか、エッチの相手として期待しているかのどちらかになります。

ところが、そこに婚活に意気込んだ女性が加わったらどうでしょう?

優しくて誠実そうな男性に連絡先交換を申し出る女性、男性陣は合コン序盤から引き気味になってしまいます。

30代後半で高収入、外資系IT企業勤務の男性が合コンに参加した状況を想定します。

当然モテます。仮に3対3の合コンだとしても、女性のほとんどが好条件の彼を狙っています。

挨拶もそこそこに連絡先交換、そこで交わされる会話は、知的好奇心をくすぐられることもありません。

更にアラサー~アラフォー女性から発する、「結婚したい」というプレッシャーに、男性は引いてしまいます。

きっと、合コンなれした20代女性たちが抜け、合コン慣れしていないアラサー婚活女性が、婚活合コンに大量流入しているのだと思います。

まとめると、遊び感覚で参加する男性と、結婚相手を探そうと本気モードの女性、気軽な飲み会感覚の男性と、相手を値踏みする上から目線の女性、どうにもかみ合う訳はありません

3.30代の好条件男性は合コンで婚活しない

婚活女性にモテる、30代後半、高収入男性は、”経験上”合コンが非効率と考えています

合コンでは、お互いに情報がほとんどない状態からスタートします。

そのため、限られた時間の中で、相手と話すスキルがないと、合コンでは可愛い女性とゲットできません。

また、そういったスキルを持っている男性は、すでに既婚者になっています。

すると、30代後半で高収入の男性は、比較的口下手な人が多い可能性が高いです。

そんな口下手な男性は、好条件の女性をゲットするためには、合コン参加ではなく、仕事をするか、ビジネス上のお付き合いを深めたほうが結果的に得だと気づいています

30代で1,000万を超える年収を得ている場合、以下のようなケースが想定されます。

  • 起業して成功している
  • 中小企業で高い役職(取締役など)にある
  • 高いインセンティブ(報奨金)を受け取っている
  • 医師である

このような仕事をされている場合、一般的な会社員と違い、自分自身の頑張り次第で収入を増やすことが可能です

そのため、1,000万の年収を、2,000万へ増やす努力をした方が、より良い女性と出会う機会が増えることにつながります

4.アラサーとは、28歳のつもりの32歳女性のこと

4-1.結婚のリミットがぼんやりしてきた

28歳~29歳頃、友人の結婚ラッシュに遭遇しませんでしたか?

結婚のリミットは30歳までと思っている人はかなりの比率で存在します。大学入学をきっかけに地方から東京に出てきた女性は、地元女性の早婚と、都会の女性の晩婚にギャップを感じていると思います。また、女性の気持ちのどこかに「できれば30歳までに結婚したい」という思いがあるのは事実だと思います。

ところが最近では、その30歳のリミットをぼんやりさせる言葉が増えてきました

「アラフォー」「大人女子」「大人かわいい」あたりです。おそらくはファッション業界や、出版社が30歳独身女性をターゲットとした結果だと思います。

4-2.26歳~27歳なら人生をやり直せる

26歳~27歳は人生を挽回できる最後のチャンスです。

思い通りの就職が出来なかった人、第二新卒の募集上限は大体26歳~27歳です。普通の恋愛を経験できなかった人、「一度も彼氏ができたことがない」と上司に相談してら、素敵な男性を紹介してもらえると思います。

4-3.28歳は婚活最適年齢

28歳になると、埋めようのない差ができ上がります。

「そこまで頑張らなくていいよね」という、ぬるいグループのお付き合いに染まれば、すぐに30歳を超えてしまいます。28歳という若さの価値に気づくことはありません。

28歳で危機感を持っていれば、きっと素敵な出会いに恵まれると思います。

20代女性は婚活でモテモテです。特に28歳という年齢は絶妙です。社会経験も十分に積んだ大人の女性で、結婚に前向きととられます。

4-4.32歳のきびしい現実

26歳と32歳は、小学1年生と6年生くらい違います

26歳の女性に素敵な男性を紹介した上司、「一度も彼氏がいないんです」と言ってきた32歳には「紹介できる人がいない」と断られる可能性高いです。

一流企業勤務の男性との合コンに参加します。「カッコいい人からは連絡先を聞かれなかった」、「さえない男からは連絡先を聞かれた」としたら、32歳のあなたは「さえない男」と一緒と知りましょう

婚活のきびしさを受け入れることができる女性は、20代のうちにしっかり仕事に取り組んできた女性が多いです。「仕事が忙しかった」、「職場に出会いがなかった」という理由づけができるのでしょう。

婚活の厳しさを受け入れられない女性は現実逃避します。

自分磨きと称して、時間の無駄と思える行為をおこないます。具体的には、神社などのパワースポット巡り、ジャニーズ等の手に入らない素敵な男性にハマってしまうことです。残り僅かな時間、お金と時間をムダにしまいようにしましょう。

5.まとめ

いかがだったでしょうか?

30代女性が合コンに参加し、「ありえな~い」と社交性の劣る男性をけなす行為を続けていれば、良い出会いに恵まれないのは当たり前です。

合コンで社交性の高かった男性はすでに既婚者、30代で好条件の独身男性は、婚活女性に迫られてドン引きです。

婚活目的で合コンに参加することを否定はしません。でも、効率が悪いことを理解して、口下手や条件の悪い男性に寛容になって欲しいと思います。

出来れば、合コンよりも、結婚に向けての本気度が高い男性が集まる、婚活パーティーで婚活したほうがよいと思います。

そして、初めて婚活パーティーに参加するなら、PARTY☆PARTYの個室タイプがオススメです。

ライバルの女性参加者と顔を合わせることがありませんし、フリータイムでひとりぼっちもありませんので、落ち着いて参加することができます。

関連記事>>>個室iParty、最終投票は超恥ずかしい

PARTY☆PARTYの個室タイプなら、カップリング結果はタブレットに表示されるだけですので、カップリング結果失敗した場合も恥ずかしい気持ちになることは少ないと思います。

ご興味ある方は一度参加してみてはいかがでしょうか?

詳しくは、PARTY☆PARTY公式サイトご参照ください。

公式サイト:18年の実績!婚活パーティーの老舗PARTY☆PARTY!

party★party

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です