婚活はいつから?何歳から?アラサー、30代の現実を知って、イッコクも早く婚活始めましょう

何歳から-いつから-現実

こんにちは、あいちんです。

今回の記事は、婚活中の女性には耳の痛い話かもしれません。

テーマを一言でお伝えすると、「婚活市場では、生物的価値の高い若い女性が、男性に好まれる」です。

言い換えると、女性は若いほど子供を産みやすく、そのため、男性は本能的に若い女性を選びます

新規LP(漫画LP)

ご存知のとおり、女性には、子供を産める年齢に限界があります。

最近は、40歳を越えた高齢出産も増えていますが、現実問題として、年齢が上がるほど、妊娠・出産できる可能性は下がります。

30代~40代前半で婚活している男性のほとんどは、自分の子供を持ちたいと考えています

そして、子供を持つ望みをかなえるため、若い女性を選んでいるのです。

そのため、婚活市場では、30代の女性よりも20代女性がもてはやされます。

1.30代女性が直面する婚活の現実5つ

実際に婚活中の30代女性は、厳しい現実に直面しています。

その現実を5つに分けてご案内いたします。

1-1.30代女性が婚活で直面する現実5つ①:年収500万はかなり高望み

男性の平均年収をご存知でしょうか?

日本人男性の平均年収を年代別にご案内します。

年代別の平均年収は20代が346万円、30代が452万円、40代が528万円

引用元:平均年収ランキング 最新版

 

平均すると30代後半から40代前半で、やっと到達する金額が年収500万円です。

つまり、現在の日本で、年収500万円を超える男性を望むということ自体、平均を上回る要求になります

年収500万円にこだわるのであれば、少なくとも平均を超えるルックスが必要になるでしょう。

関連記事>>>アラサーOLが雰囲美人になるためにしたこと

1-2.30代女性が婚活で直面する現実5選②:外見がイマイチな男性が多い

社会に出ると、男女の出会いの機会は著しく減少します。

一昔前は、男女の出会いを斡旋してくれる世話好きなおばさんがいました。

また、会社の上司から、女性が紹介されることもありました。

しかしながら、セクハラに厳しくなった現在では、職場で気になる女性にアプローチすることすら難しくなっています。

とはいえ、20代で結婚しているカップルも存在しています。

彼らは、学生時代からのお付き合いをきっかけに、結婚に至っています。

ちょっと、学生時代のことを思い出していただけますか?

学生時代のお付き合いは、見た目だけで好き嫌いを判断して、始まることが多いです

「そんなことない」と思った方、通学中に別の学校の男性に好意を持ったことはありませんか?

また、ほとんど話したことのない男性から、告白されたことはありませんか?

言い方は悪いですが、見た目重視で選ばれたカップルが、20代の内に結婚していきます。

つまり、婚活市場に出てくる男性は、学生時代にあぶれた人、容姿のイマイチな男性が多いです

1-3.30代女性が婚活で直面する現実5選③:同世代の男性は20代の女性を狙う

冒頭にも書きましたが、「自分の子供を持ちたい」が、男性が婚活する大きな動機です

言い換えると、男性が婚活で望むのは、「子供を妊娠して、安全な出産を迎えることの出来る女性」です。

もちろん、30代の初産でも、問題のなく出産できる人がほとんどです。

これは男性の動物的本能に近い要望ですので、あきらめざるを得ないです。

関連記事>>>婚活で妥協する?30代に入ると、女性の出会い環境は大きく変化します

1-4.30代女性が婚活で直面する現実5選④:婚活費用が高い

婚活では、かけた費用の分だけ、出会える男性の質があがります

スマホの婚活・恋活アプリでの出会いなら、女性無料のサービスもあります。

婚活・恋活アプリの男性登録者には、冷やかしや体目当て、既婚男性もいます。

しっかりとした運営の結婚相談所であれば、公的な独身証明や、年収の証明を行いますので、身元もしっかりした経済力のある男性と出会うことが出来ます。

費用だけを基準に、安易に安い婚活サービスを選ぶと、結婚が決まるまでに時間がかかる、または結婚が決まらない可能性が高いです

関連記事>>>IBJメンバーズ|料金とコース、高いとは言えないたったひとつの理由

1-5.30代女性が婚活で直面する現実5選⑤:周りのライバルのレベルが高い

婚活は男性ばかりを見ていては勝負に勝てません

実際、婚活に取り組む男性の人数よりも、女性のほうが多い傾向があります。

すると、ライバルとなる女性よりも、優位に立つ必要が生じます。

また、真面目に婚活を考えている女性は、自分磨きに余念がありません。

美容院・エステに行って外見を磨き、身に付ける服やアクセサリーにも気をつかっています。

関連記事>>>アラサーOLが雰囲美人になるためにしたこと

新規LP(漫画LP)

2.婚活する時点で、「売れ残り女」のレッテルを張られる?

アラサー、30代の女性の皆さんは、「なにか問題があるから売れ残っている」と、周りから見られていると思っていませんか?

「婚活」という言葉が一般化したこともあり、「婚活しています」と公言する気恥ずかしさは、以前より大幅に減っています。

でも、恋愛結婚が多数派ですから、婚活での出会いや、お見合い結婚に少し気恥ずかしさを感じるのは仕方がないことです。

3.婚活に関する男の本音

男性は、婚活で出会うお相手に多くを望んでいません。

ここでは、婚活男性の、婚活女性への思いをご案内します。

3-1.婚活に関する男の本音3つ①:条件をもっと広げて、良いところを見て欲しい

婚活市場に出てくる男性で、見た目が良く、人柄が良く、収入が良く、家柄が良いなどという、良いとこずくめの男性はまずいません

みなさんどこかにコンプレックスを抱えています。

しかしながら、ほとんどの人が、コンプレックスを補えるような長所を備えています。

悪いところばかり見ずに、良いところも素直に評価してもらいたいと考えています。

3-2.婚活に関する男の本音3つ②:「忙しい」と言って逃げないで欲しい

いい雰囲気になってくると、距離を置きたがる女性がいます

女性が距離を置きたがる理由は、2つ考えられます。

ひとつ目は、「もっといい人がいるのでは?」、「この人で本当にいいの?」と、迷っている場合です。

もうひとつは、「もっとガッツを見せて、好きな気持ちを前面に押し出して欲しい。」という願望がある場合です。

どちらの場合も、言い訳は決まっていて、「忙しくて会えない、連絡できない」です。

ただ、婚活で逃げられてしまうと、男性としては「もう見込みがない」思ってしまいます

3-3.婚活に関する男の本音3つ③:自分にもっと自信を持って欲しい

女性の中には、良いところのたくさん持っているのに、イマイチ自分に自信も持てず、男性からのアプローチに消極的になってしまう人がいます

男性がアプローチをするのは、女性のことが気になっているからです。

アプローチがあったら、コンプレックスを気にせずに、自分の良いところを前面に押し出して答えて欲しいです。

4.婚活を早く卒業するためのコツ

婚活には時間もお金もかかります

でも、自分の貯金などを切り崩して、無理に続ける必要はありません。

どのくらいの時間とお金をかけられるか、自分の中で考えて納得できる婚活をしましょう。

理想を追い続けると、どこまで行っても満足できる相手は現れません

そうではなく、絶対に譲れないポイントだけをきめて、それ以外は「男性の個性」と捉えましょう。

自分を安く見られたくない、男性のほうからアクションを起こすべきという考え方はやめましょう。

婚活をしている男女は対等です

ちいさなプライドは忘れて、自分に自信を持って活動をしましょう。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

アラサー、30代女性の婚活の状況をまとめてみました。

やはり20代の女性に比べると、30代の女性の婚活は厳しいものがあります

忘れてほしくないのは、アラサー、30代から婚活を始めて、結婚した方は大勢いるということです。

アラサー、30代から婚活を始める場合のポイントは、「理想の結婚相手から、どこを妥協し、出会いにつなげていくか?」を、考えることです。

関連記事>>>婚活で妥協する?30代に入ると、女性の出会い環境は大きく変化します

誤解して欲しくないのは、「理想を追い求めてはダメ」と言っている訳ではありません。

ただ、理想を追い求めているうちに、時間切れ(子供を産めないなど)になってしまう可能性が高いのです。

アラサー、30代女性に残された時間はさほど多くありません。

なるべく短期間で、素敵な男性と結婚するためには、結婚相談所の利用をオススメします。

本ブログではIBJメンバーズをお薦めしています。

IBJメンバーズをお薦めしている理由は、あいちん自身が無料カウンセリングを受けていることと、取材対応いただいた際に、婚活女性にとって安心できる実績数値と考え方を聞けたからです。

関連記事>>>IBJメンバーズ|無料カウンセリング体験、入会から成婚退会の流れ

公式サイトのリンクをご案内します。ご興味ある方は、リンク先ご参照ください。

公式サイト:IBJメンバーズ

新規LP(漫画LP)

次の記事へ>>>婚活は短期決戦がセオリーな3つの理由と、短期で終わらせる4つのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です