パートナーエージェントに入会したのに会えない?それでも効率が良い理由

パートナーエージェント-会えない

こんにちは、あいちんです。

今回は、パートナーエージェントに入会したものの、理想の相手と会えない皆さんに向けてお伝えしたい内容をまとめます

結婚情報

婚活つらいですよね。

経緯は色々あると思いますが、アラサー以上の女性であれば、婚活の最後の手段として結婚相談所まで行き着いた人が多いと思います。また、パートナーエージェントに入会することにも大きな勇気が必要です。

確かに会えてはいるけれど、期待したお相手ではないと感じている方が多いと思います

不安な気持ちで入会した結婚相談所なのに、コンシェルジュが紹介してくれる人はイマイチな人ばかり。過去に参加した婚活パーティーで出会った男性と比べると、見た目や女性のエスコートで大きく見劣りする感じは否めません。

どうして、素敵な男性と会えないのでしょうか?

そもそも、ひとりとして素敵な男性と会えないのはなぜでしょうか?

今回はそんな考えをお持ちのパートナーエージェント会員に向けてご案内します。

この記事はこんな人におすすめ
パートナーエージェントで素敵なお相手と会えていない人

1.パートナーエージェントで素敵な相手に会えない理由

パートナーエージェントをはじめ、結婚相談所には結婚を希望する多くの男女が集まります。

夢を持って入会したものの、成婚退会どころか理想のお相手にすら会えていない方が一定数います。また、理想のお相手と出会い、早期に成婚退会していく方もいます

この違いはどこにあるのでしょうか?

ひとつずつご案内します。

1-1.結婚相談所の仕組み

結婚相談所に入会手続きすると、まずはプロフィールを作成します

ご自身の個人情報を登録し、お相手に求める条件を伝えて自己PRを含めて作成します。自分のプロフィールが完成した後は、お相手候補のプロフィールを検索、お見合いを申し込んで行きます

MEMO
パートナーエージェントの場合、コンシェルジュからの紹介を中心に活動します。お相手候補を検索する機会は、コネクトシップからの申し込みの場合のみです。

双方とも「会いたい」と思った場合、お見合い(コンタクト)へ進みます

お見合いで好印象となりましたら、仮交際(交際)へと進み、その後、交際(真剣交際)へと進みます。仮交際(交際)の場合、複数名と並行して会うことが可能ですが、交際(真剣交際)に移行した場合、お相手をひとりに絞る必要があります。最終的に交際(真剣交際)中のお相手と成婚退会していきます。

成婚退会までの期間には個人差が大きいです。

数カ月の人もいれば数年間を会員で過ごす人もいます。普通の恋愛と違う点は結婚を決めるまでのスピード感です。あらかじめ結婚を前提に出会っていることから、双方とも好印象な場合、結婚まで一気に突き進みます。

MEMO
結婚相談所では、会員限定の婚活パーティーなど、お見合い(コンタクト)以外にも出会いの機会やサービスがあります。

PartnerAgent-entrance-10

1-2.結婚相談所に入会しても素敵な人と会えない理由

結婚相談所のシステムは非常に効率的です

これほどまでに完成されたシステムなのに、なぜ、素敵な人と会えないのでしょうか?それは、自分が選ぶ側であるのと同時に、選ばれる側であることが理由です。そして、連絡にはコンシェルジュ(カウンセラー)が介在し、片方の意思だけで会うことはできないのです。

また、会員の中には、人気のある人、そうでない人がいます

人気のある人にお見合い(コンタクト)を申し込んだ場合、お見合いが成立する可能性は低いです。競争率を気にせず申し込んだとして、お相手も「会いたい」と思わなければお見合い(コンタクト)は成立しません。そのため、普通の恋愛よりも接点を持つことが難しいです

1-3.結婚相談所で素敵な相手に会う確率を上げる方法

(1)プロフィールを魅力的にする

プロフィールは非常に重要です。

プロフィールが魅力的だと、素敵な人に会える確率はグッと高まります。

写真

好感度を意識して撮影しましょう。

清潔感のある髪型や服装で明るい表情で撮影します。必要以上に目立つ必要はありません。また、よりよく見せるための加工のしすぎにも注意しましょう。初めて会うお見合いの時に、実物のギャップでがっかりさせてしまいますよ。

なお、インスタ映えを意識した写真は、かなりの割合の男性が嫌いますのでご注意ください

プロフィール

趣味や休日の過ごし方を具体的に書きましょう

プロフィールを通じて、あなたがどのような人間かを知ってもらう必要があります。休日をイキイキと過ごす姿は、あなたを魅力的に見せてくれます。また、写真と同様ですが盛りすぎに注意しましょう

あいちんは婚活中にジムのレッスンでダイエット成功して、調子に乗ってトレーニングが趣味と書いてしまったばっかりに、筋トレデートの誘われた苦い経験があります。何事も盛りすぎ注意ですね。

PartnerAgent-booth-09

(2)希望条件の見直し

先に言っておきます。妥協しなさいと言っている訳ではありません。

結婚相談所にはライバルがいます。ある男性にふたりの女性が同時に申し込んだ場合、男性が選ぶポイントは年齢とルックスのバランスです。「あなたの条件でライバルに勝てるか?」という観点で条件が適切か考えてください。

MEMO
婚活での女性の価値は年齢とルックス、次いで仕事や年収だと思っています。あいちん自身が「年収がよく、年齢30代前半、ルックス普通よりやや劣る」でかなり苦労しました。

また、下記のような条件設定も、本当に必要か考えてみてください。

太っていないこと

現在はスリムな体型だとしても、将来は大部分の人が太ります

年齢を重ねて太ってくるのは自然なことですし、むしろ長生きする人が多いように思います。女性も出産を経れば必ず太ります。その体重を妊娠前にまでに落とすことはかなり大変です

年収が高いこと

現在の年収が高いからといって、その年収が将来にわたって保証される訳ではありません

年収という不確実な要素にこだわり、素敵な人の出会いの機会を逃しているかもしれません。もし、素敵な男性が現れ、年収が希望に届かない場合も、共働きを選択するなど対策は色々あります。また、年収が高いということは、その分仕事が激務ということです

関連記事>>>【参考】高年収男性は多忙です

PartnerAgent-booth-12

学歴が高いこと

あいちんの会社は一部上場企業で平均年収も高いです。

それでも学歴コンプレックスを抱えた人がいます。あいちんの少し前の直属の部長は中央大学法学部卒業です。元々、法曹を目指していましたが、家庭環境がそれを許さず大手電機メーカに就職、50代前半で早期退職して、あいちんの会社に転職してきました。

もう30年以上も前の話なのに、未だに学歴コンプレックスを抱えています。東大卒の転職希望者をすべて落とすのですから筋金入りです

ふたりのお子さんは無事に成人しています。人生の義務は果たしているはずなのに、未だに学歴に縛られています。学歴にこだわることはあまり建設的ではないと思うのはあいちんだけでしょうか?

こだわって欲しい希望条件

今まで他人同士だったふたりが生活をすることになります。

育った環境や考え方も違いますので、生活に関する考え方のすり合わせを行います。具体的には、住む場所へのこだわり、親との同居の有無、子供が欲しいかなどです

太っているか?年収がいくらか?学歴が高いか?よりはるかに重要な条件です。

あなたが結婚に何を望むのか?を明確にしてください。お互いの結婚に望む条件がプロフィールで確認でき、合致するようであれば、きっと、そのお相手とは落ち着いた生活ができると思います。

結婚情報

2.婚活アプリ、婚活サイトと比べて、結婚相談所で会えない確率は低い

婚活アプリや、婚活サイトでは以下の手順で進めます。

  1. マッチング(魅力的なプロフィール、よりよく写った写真)
  2. メッセージ交換(挨拶、質問の仕方、距離を縮める)
  3. 会う約束をする(連絡先の交換)
  4. 実際に会う(デート)
  5. 恋愛関係&カップル(彼氏、彼女)

実際に会うまで多くのステップがあります。

どれかひとつでもミスをすれば、急に連絡が途絶えます。特に2→3に高いハードルがあります。メッセージ交換が上手く、1週間で会う約束ができる人がいる一方、ひとりも会えない人もいます

その点、結婚相談所であれば、「マッチング」の次に「実際に会う」となります。

最もハードルの高い「メッセージ交換」「会う約束」をスキップできるので会える確率は比較にならないほど高くなります

3.婚活パーティーは、素敵な男性に出会えますがクセものです。

婚活パーティーは、結婚相手を求める男性女性が集まります。

集まる人はまさに玉石混交です。男性の立場でいうと年齢は20代からアラフォー、美人系、可愛い系、魅力的な人からそうでない人まで様々です。女性の立場でいうとガリガリから太った人、オタクっぽくて気持ち悪い人から、仕事ができそうなイケメンまでいます。

婚活パーティーにはイケメンで、仕事ができそうな高収入男性が来ます

そのような男性は女性人気が高く、カップリング投票が集中します。結果、若くて美人(可愛い)女性に持って行かれて、自分が選ばれる可能性が低いです。素敵な男性に投票して、「選ばれるかも」というドキドキ感と、ガッカリ感だけが残ります

また、少し時間を無駄にしたと思うかもしれませんね。

PartnerAgent-booth-15

4.まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、パートナーエージェントの会員になったものの、期待通りの素敵な人に会えない人に向けて書きました。

ご自身のプロフィールを修正し、条件の優先順位を変えることで、結婚後の安定した生活につながることをご案内しました。また、婚活アプリや婚活パーティーよりも会いやすいのが結婚相談所の特徴です。メールスキルも必要なく、冷やかし半分と思われる男性会員もいません。

また、コンシェルジュからの紹介だけに頼るのではなく、自分から積極的に申し込んでみたいと思い方には、エン婚活エージェントがオススメです

エン婚活エージェントはコネクトシップに参加していますので、パートナーエージェントと同じ会員(コネクトシップ参加者)に向けて、自由にコンタクト(お見合い)を申し込むことができます

登録料:9,800円(税抜き)

月会費:12,000円(税抜き)

費用はこれだけしかかかりません。

公式サイトご案内しますので、詳細ご確認いただければと思います。

MEMO
なお、資料請求しても入力するのはメールアドレスのみです。申し込みフォーム入力欄にメールアドレスしかありません。資料請求したら勧誘電話が来ることはありませんのでご安心ください。

公式サイト:エン婚活エージェント

満足度

次の記事へ>>>【パートナーエージェント入会案内】資料請求~成婚退会までの流れをご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です